2018-2019モデル HARO BIKES SHREDDER 16(ハローバイクス シュレッダー16)

27,500円(税2,500円)

定価 27,500円(税2,500円)

カラー

HAROのランバイクPreWheelzシリーズを卒業したら、かっこいい本格BMXキッズサイクル「SHREDDERシリーズ」へ!


2017モデルより,フレームがアルミ化されさらに軽量になりました!


Haro Bikesのバナー

BMXフリースタイルの開祖HARO BIKES(ハロー バイクス)がリリースするキッズ・サイクル【SHREDDERシュレッダー(旧Zシリーズ】には,自転車の楽しさと作り手の創造性がギュッと詰まっています.単なるキッズ向け自転車としてだけではなく,未来のBMXライダーを育成することを視野に入れてデザイン.車体を驚くほど軽く仕上げてありますので,お子様でも軽がると扱うことができます.それでいてハード・ユースに耐える頑丈な作りが自慢です.キッズのうちから,BMXの名門HARO BIKESに親しめます.幼少期は人生で最も幸せな時.そんな最良の時にこそ,最良の自転車HARO SHREDDER16(旧Z16)に親しんでください.

1-1/8"オーバーサイズフォークを採用し、強度はもちろんカスタムの幅も大幅に広がっています。

キッズBMXはSHREDDERシリーズで決まりです!!

※日本仕様車フリーホイール前後ハンドブレーキ仕様になります。(フロント:キャリパーブレーキ/リア:Vブレーキ)

※ハンドルバーによる胸突きを防ぐハンドルバーパッドセットが付属します。

※Shredderシリーズは幼児車として設計されており、トリック等には対応しておりませんのでご注意ください。


対象年齢

SHREDDER16(旧Z16):5〜7歳(推奨身長:104僉114cm)

※もう少し小さいお子様には3〜5歳向けのSHREDDER12(旧Z12)、大きいお子様には7〜9歳向けのSHREDDER18(旧Z18)がラインナップしています。

※初めての自転車練習の場合は、必ず地面に両足がぴったり付くサイズの自転車をお選びください。お子さまはすぐに大きくなるとつま先しかつかない自転車を選びがちですが、足が届く自転車のほうが安心して挑戦できますよ。



組立てについて

SHREDDER16(旧Z16)は、当店で整備点検を行い、80%組み上がった状態でお客様の元に届けられますが、ハンドル・ペダル、ブレーキケーブル(調整済み)のみ、お客様ご自身で装着していただく必要があります。組み立ての作業はとても簡単。説明書を同封いたします(組立用には6mmmmの六角レンチとペダルを締める工具が必要です.お手元にない場合は,100円ショップなどでも購入可能ですのでご手配ください).ご不明な点がありましたら、NicoRide(ニコライド)にご連絡をお願いいたします.


送料のご案内

ご注文時の【配送設定の入力】画面にて【佐川急便】をお選びください。送料は1台につき,北海道1,000円,東北900円,関東700円,北陸信越700円,中部700円,近畿700円,中国900円,四国900円,九州1000円,沖縄2000円です。代引(eコレクト.現金決済のみ)も可能です.その場合,送料に加えて代引手数料400円(税別)もご負担ください.


乗車時の注意事項

SHREDDER12は素晴らしい自転車ですが,最初のうちは必ず転倒してしまうものです.乗車するときはお子様の頭を守るため,必ずヘルメットを被って乗車するようにしてください.ひざパッド,ひじパッド,グローブを装着しておくと,なお安心です.ヘルメット,ひざパッド,グローブ等のサイクル用品は,車体と同時にご注文いただいた場合,それらの送料は無料といたします.ぜひ合わせてご注文ください!!



ブランド

1978年,BMXレースの世界的第一次ブームのさなか,10代のライダーBob Haro(ボブ・ハロー)がエントリー費捻出のためナンバープレートを自作したことから始まったのが現在のHaro Bikes(ハロー・バイクス)社.1980年にはHaro Design社を設立し,並外れたデザインセンスから作られたパーツ・用品で全米のライダーの注目を浴びる.スケートボードにも親しんでいた彼は“スピード”だけがBMXの魅力ではないと考え,まもなく彼独自のトリックライディングを公園やストリートで始めて注目を浴びるようになった.彼は自分のライディングをレースに対して“Freestyle”と命名.自分のライディングに合わせたオリジナルフレームを開発し“Freestyler”(フリースタイラー)と名付けた.これこそがBMXフリースタイルの始まりだった.以後27年,BMX,マウンテンバイク(86年には早くもExplorerという名前の初代モデルを生産)の全ジャンルで先見性あふれるラインナップを展開するに至る.


現社長Joe Hawk(ジョー・ホーク)は語る.「Haroの方針? それにはHaroが方針としないことを述べるとわかりやすいかな? Haroは何百人もの大企業とは違う小さな南カリフォルニアの会社さ.ロードのついでにマウンテンバイクを作っているような会社じゃない.僕たちのルーツは“ダート”だからロードバイクは作らない.それから流行を追った物マネはしない.人と違うことを恐れない.一言で言えば,ライダーのために,ライダーと一緒にすごいバイクを作るパッションのあるサイクリストグループかな.」


関連サイト

輸入元サイト:モトクロスインターナショナル(株)

メーカーサイト:HARO BIKES(英語)




レビューはありません。