HARO BIKES Z10 ハンドルグリップ(オプションパーツ)

378円(税28円)

定価 378円(税28円)

カラー
購入数
セット

待望のHARO Z10専用純正ハンドルグリップパーツが登場!!


HARO Z10車両本体はこちらから!!


Haroのロゴ


大人気のペダルなしの自転車「ランニングバイク」HARO Z10の交換用ハンドルグリップ(2個セット)です!!

お手軽カスタムやリペアパーツとしてご利用いただけます.


カラーはブラック,レッド,グリーン,ピンク,ブルーの5色.


しっかりしたつくりで頑丈なHAROブランドなので、兄弟姉妹でのお下がり使用も問題なく出来てしまいます。汚れたり、破れたりしてしまったときは、オプションパーツを用いて交換し新しい気持ちでたのしむことが出来ます.グリップのみ好きなカラーに変更してお手軽カスタムを楽しむことも!


BMXフリースタイルの開祖HARO BIKES(ハロー バイクス)がリリースするキッズ・サイクル【Zシリーズ】には,自転車の楽しさと作り手の創造性がギュッと詰まっています.単なるキッズ向け自転車としてだけではなく,未来のBMXライダーを育成することを視野に入れてデザイン.車体を驚くほど軽く仕上げてありますので,小さなお子様でも軽がると扱うことができます.それでいてハード・ユースに耐える頑丈な作りが自慢です.幼児のうちから,BMXの名門HARO BIKESに親しめます.幼少期は人生で最も幸せな時.そんな最良の時にこそ,最良の自転車HARO Z10に親しんでください.


Haro Bikes Z10イメージ



ハンドルグリップ

子供は頭より先に,目で見て,体で感じることを,理解する傾向があります.生まれて初めて自転車に乗る瞬間.一番最初に触れるのはハンドルグリップです.パパやママに抱っこされて自転車に跨らせてもらい,「さあハンドルを握って〜」と声を掛けられ躊躇したときに目に飛び込んでくるのが,このハンドルグリップです.スペード,ダイヤ,ハート,クローバーのパターンが入った可愛いデザインです.これならお子様は「おやっ? 可愛いな〜.コレな〜に?」と興味と抱き,ついついグリップを握ってくれるはず.成長してからも,毎日のライディングが楽しくなること請け合いです.手の滑り防止が目的ならば定型パターンで充分ですが.HARO BIKES社はそこに+αを加えることで,お子様の初めてのライディングをサポートします.


グリップ


ハンドルグリップの装着について

お客様ご自身で装着していただく必要があります。作業はとても簡単。工具は不要です。古いグリップを引き抜き(もしくはカッターなどで破り取る)、新しいグリップを装着するだけです.グリップとハンドルの間に薄めた石鹸水などを入れると着脱が簡単になります.ご不明点がありましたら、NicoRide(ニコライド)にご連絡をお願いいたします.


送料のご案内

ご注文時の【配送設定の入力】画面にて【佐川急便】をお選びください。送料は、1セットにつき,全国一律350円(税抜)です。HARO Z10車両本体を合わせてご注文の場合は、同時発送で送料無料となります.代引(eコレクト.現金決済のみ)も可能です.その場合,送料に加えて代引手数料400円(税抜)もご負担ください.


乗車時の注意事項

Z10は素晴らしい自転車ですが,最初のうちは必ず転倒してしまうものです.乗車するときはお子様の頭を守るため,必ずヘルメットを被って乗車するようにしてください.ひざパッド,ひじパッド,グローブを装着しておくと,なお安心です.ヘルメット,ひざパッド,グローブ等のサイクル用品は,HARO Z10車両本体と同時にご注文いただいた場合,それらの送料は無料といたします.ぜひ合わせてご注文ください!!


Crazy-stuffグローブ・サメ Nutcaseユニオンジャック そらの
bern Nino Crazy-stuff Little Nutty BabyKneez Solano


HARO BIKES Z10が第4回キッズデザイン賞を受賞しました!!


ブランド

1978年,BMXレースの世界的第一次ブームのさなか,10代のライダーBob Haro(ボブ・ハロー)がエントリー費捻出のためナンバープレートを自作したことから始まったのが現在のHaro Bikes(ハロー・バイクス)社.1980年にはHaro Design社を設立し,並外れたデザインセンスから作られたパーツ・用品で全米のライダーの注目を浴びる.スケートボードにも親しんでいた彼は“スピード”だけがBMXの魅力ではないと考え,まもなく彼独自のトリックライディングを公園やストリートで始めて注目を浴びるようになった.彼は自分のライディングをレースに対して“Freestyle”と命名.自分のライディングに合わせたオリジナルフレームを開発し“Freestyler”(フリースタイラー)と名付けた.これこそがBMXフリースタイルの始まりだった.以後27年,BMX,マウンテンバイク(86年には早くもExplorerという名前の初代モデルを生産)の全ジャンルで先見性あふれるラインナップを展開するに至る.


現社長Joe Hawk(ジョー・ホーク)は語る.「Haroの方針? それにはHaroが方針としないことを述べるとわかりやすいかな? Haroは何百人もの大企業とは違う小さな南カリフォルニアの会社さ.ロードのついでにマウンテンバイクを作っているような会社じゃない.僕たちのルーツは“ダート”だからロードバイクは作らない.それから流行を追った物マネはしない.人と違うことを恐れない.一言で言えば,ライダーのために,ライダーと一緒にすごいバイクを作るパッションのあるサイクリストグループかな.」


関連サイト

輸入元サイト:モトクロスインターナショナル(株)

メーカーサイト:HARO BIKES(英語)




よく似た商品

HARO Z10 タイヤ HARO Z10サドル HARO Z10 Chrome
HARO Z10タイヤ HARO Z10サドル HARO Z10 Chrome Rennrad 14"



おすすめの商品
パフパフホーン Knog Strobeグリーン Chariot CX2
パフパフホーン Knog Strobe Zigo Leader My first ABUS Chariot CX2

レビューはありません。