HARO BIKES Z10/Z12Pre(PREWHEELZ 10/12) ホイール&タイヤ(オプションパーツ)

2,160円(税160円)

定価 2,160円(税160円)

カラー・サイズ
本数
購入数

入荷数が多くないため、交換予定の方はお早めにご注文ください。(次回入荷は2018年秋となる見込みです)

待望のHARO Z10/Z12Pre(PREWHEELZ 10/12)専用純正タイヤ&ホイールパーツが登場!!

※PREWHEELZ 10から12インチへのサイズアップについては、足乗せステップが装備された2014モデル以降は可能です.詳しくはリンクのブログ記事「HARO PREWHEELZ 10の12インチへのサイズアップについて」をご確認ください。


HARO Z10(PREWHEELZ 10)車両本体はこちらから


Haroのロゴ


大人気のペダルなしの自転車「ランニングバイク」HARO Z10/Z12Pre(PREWHEELZ 10/12)の交換用タイヤ(タイヤ&ホイール)です!!

お手軽カスタムやリペアパーツとしてご利用いただけます.


カラーはホワイトホイール&とホワイトタイヤ、ブラックホイール&ブラックタイヤの2色.


しっかり遊んで摩耗したタイヤは、上手く地面をつかめずにスリップなどのトラブルの元となります.タイヤパターンの溝がなくなってきなったら、新しいタイヤに交換しましょう。


しっかりしたつくりで頑丈なHAROブランドなので、兄弟姉妹でのお下がり使用も問題なく出来てしまいます。タイヤは消耗品なので、オプションパーツを用いて交換し新しい気持ちでたのしむことが出来ます.


BMXフリースタイルの開祖HARO BIKES(ハロー バイクス)がリリースするキッズ・サイクル【PREWHEELZ】には,自転車の楽しさと作り手の創造性がギュッと詰まっています.単なるキッズ向け自転車としてだけではなく,未来のBMXライダーを育成することを視野に入れてデザイン.車体を驚くほど軽く仕上げてありますので,小さなお子様でも軽がると扱うことができます.それでいてハード・ユースに耐える頑丈な作りが自慢です.幼児のうちから,BMXの名門HARO BIKESに親しめます.幼少期は人生で最も幸せな時.そんな最良の時にこそ,最良の自転車HARO PREWHEELZ に親しんでください.


Haro Bikes Z10イメージ



10インチ樹脂製タイヤ

10インチ径の樹脂製タイヤもZ10の特長.10インチ径は一般的に流通している自転車のなかでは最小径ですが,そのなかでもZ10のタイヤは小さめにできています.そのためシート高を低くすることができ,低年齢児でもラクラク地面に足が届きます.高耐磨耗性,高耐損傷性ですから,パンクや空気抜け等の心配も不要.メンテナンスフリーを実現しています.


10インチ樹脂製ホイール


タイヤ&ホイールの装着について

お客様ご自身で装着していただく必要があります。脱落防止のワッシャーが付属します.

※2016モデル以前のHARO Z10車両は、後輪に脱落防止ワッシャー装備用の穴がありません.現在お使いの車両に装着してある脱落防止のないワッシャーを使用してください.

ナットの付け外しのために、15mmの六角ナットを着脱する工具が必要となります。ご不明点がありましたら、NicoRide(ニコライド)にご連絡をお願いいたします.


送料のご案内

ご注文時の【配送設定の入力】画面にて【佐川急便】をお選びください。送料は、1個につき,全国一律600円(税抜)です。HARO Z10車両本体を合わせてご注文の場合は、同時発送で送料無料となります.代引(eコレクト.現金決済のみ)も可能です.その場合,送料に加えて代引手数料400円(税抜)もご負担ください.


乗車時の注意事項

Z10は素晴らしい自転車ですが,最初のうちは必ず転倒してしまうものです.乗車するときはお子様の頭を守るため,必ずヘルメットを被って乗車するようにしてください.ひざパッド,ひじパッド,グローブを装着しておくと,なお安心です.ヘルメット,ひざパッド,グローブ等のサイクル用品は,HARO Z10・Z12PRE(PREWHEELZ 10/12)車両本体と同時にご注文いただいた場合,それらの送料は無料といたします.ぜひ合わせてご注文ください!!


HARO BIKES Z10が第4回キッズデザイン賞を受賞しました!!


ブランド

1978年,BMXレースの世界的第一次ブームのさなか,10代のライダーBob Haro(ボブ・ハロー)がエントリー費捻出のためナンバープレートを自作したことから始まったのが現在のHaro Bikes(ハロー・バイクス)社.1980年にはHaro Design社を設立し,並外れたデザインセンスから作られたパーツ・用品で全米のライダーの注目を浴びる.スケートボードにも親しんでいた彼は“スピード”だけがBMXの魅力ではないと考え,まもなく彼独自のトリックライディングを公園やストリートで始めて注目を浴びるようになった.彼は自分のライディングをレースに対して“Freestyle”と命名.自分のライディングに合わせたオリジナルフレームを開発し“Freestyler”(フリースタイラー)と名付けた.これこそがBMXフリースタイルの始まりだった.以後27年,BMX,マウンテンバイク(86年には早くもExplorerという名前の初代モデルを生産)の全ジャンルで先見性あふれるラインナップを展開するに至る.


現社長Joe Hawk(ジョー・ホーク)は語る.「Haroの方針? それにはHaroが方針としないことを述べるとわかりやすいかな? Haroは何百人もの大企業とは違う小さな南カリフォルニアの会社さ.ロードのついでにマウンテンバイクを作っているような会社じゃない.僕たちのルーツは“ダート”だからロードバイクは作らない.それから流行を追った物マネはしない.人と違うことを恐れない.一言で言えば,ライダーのために,ライダーと一緒にすごいバイクを作るパッションのあるサイクリストグループかな.」


関連サイト

輸入元サイト:モトクロスインターナショナル(株)

メーカーサイト:HARO BIKES(英語)



レビューはありません。